寝相で性格分析ができるそうですー!

寝相によって色々な名前がついていて、まずは胎児型。体を丸めて、赤ちゃんみたいな姿勢で寝る寝相のこと。

この胎児型で寝る人は、甘えん坊な性格なんだそうです。おなかの中にいたときの記憶を思い出すのでしょうか?

たしかに、体を丸めて寝ると、ほっとするんですよね~。

次に、うつぶせ型。うつぶせ寝で寝る人は神経質なんだとか。

胸やおなかを押し付けて眠ることで、気持ちを落ち着かせているそうです。

で、次は、大の字になって寝る王様型。この寝相の人は、伸び伸びした性格で、豪快な人が多いらしいです。
 
たしかに胎児型やうつぶせ型とは違って、明らかに豪快なかんじの寝方ですよね。

そして最後に、横向き型。横を向いて眠る人は、社交的だったり開放的だったりするそうです。

ちなみに息子たちはおなかの中にいるときから元気な上に寝相が悪かったようで。しょっちゅうおなかをポンポンと蹴られたものでした~。

今もかなり、寝相が悪いけど……。そういえば、背が伸びる寝相ってあるんでしょうか??

気になって調べてみると、自由な寝相がベストなんだそうです。

自由な寝相っていうのは、楽に寝返りを打つ寝相のこと。

じゃあ、息子たちは大丈夫そう!確実に、背が伸びる寝相です!

なぜ自由な寝相がいいかというと、寝返りを打つことで血液循環が良くなり、筋肉が固まるのを防いでくれるのだとか。

だから、背も伸びやすくなるそうですよ~。納得!!